いわきの非鉄金属スクラップ買取専門

いわきアルミ有限会社

スクラップ買取・ご質問等お気軽にご連絡ください TEL:0246-26-0397 営業時間:8:00~17:00(12:00~13:00の間を除く) 休日:日曜・祝日・第2,3土曜日

業務内容

リサイクルの流れ

■ アルミニウム

アルミニウムは軽量で加工しやすいため様々な工業製品に使われています。アルミ箔、アルミ缶、アルミサッシ、一円玉、アルミホイール、ガソリンエンジンのシリンダー、家電製品、新幹線や通勤電車などの鉄道車両など用途が広いです。

アルミニウムの新地金はボーキサイトという鉱石を電気分解して作ることができますが、電解する際大量の電力が消費されるため、リサイクル、二次合金として再利用が推奨されています。

アルミニウムは融点が低く二次合金として再生しやすい金属です。弊社ではアルミスクラップを解体仕分けし、二次合金メーカーの規格にして、メーカーに納入しています。

二次合金メーカーでは異物の除去、原料分析し配合から溶解、精製までおこない自動車、建材、産業機械など幅の広い分野に出荷されています。特にアルミ缶は最高で、再利用率は95%前後に及び、リサイクルの優等生です。

アルミニウムのリサイクルの流れ

■ 銅

銅は文明時代古くから使われていて、現在でも幅の広い用途に使われています。

銅の主要な用途として電線、屋根板及び配管、産業機械があげられます。また亜鉛などの合金により真鍮、砲金などとして水道関係に使われています。

銅は電気伝導性に優れ、電気器具の配線、電磁石のようなデバイスなどに用いられます。

また、銅は銀に次いで電気抵抗が少なく、伝導率が銀の94%とそん色がない一方、コストが格段に安いため、電線などに使われています。

弊社では銅製品の解体仕分けをし、最終目的地の二次合金メーカー、精錬メーカーに納入しています。

二次合金メーカー、精錬メーカーでは溶解、精製。精錬メーカーでは電解などを行い再利用されます。

特に廃電線はほぼ100%リサイクルされています。

胴のリサイクルの流れ

■ ステンレス

ステンレス鋼の表面には、不動態被膜と呼ばれる非常に薄い膜が形成され、表面が傷ついて破壊されても瞬時に再生され、高い耐食性が実現しています。

ステンレス鋼はさびを防ぐためのメッキや塗装をせずに使用でき、蛇口や流し台など屋外や湿気のある場所、化学薬品を扱う機械器具、厨房設備で用いられます。

また構造物や鉄道車両の構体、部品も用いられます。

ステンレスのリサイクルの流れ

SDGsの目標

国際連合はそもそも紛争解決や途上国支援をおもな活動としてきましたが、現在の主戦場は(サスティナビリティ)です。意味は持続可能な社会の実現を目指すということです。

気候変動や環境問題だけを目指すと経済的に弱い国や個人の問題が解決しません。そこで新たに取り入れられた思想が持続可能性と経済、社会の発展を調和させようとすることです。

一部の人は楽しく暮らせているが、いずれは破綻する、という今までの社会を自分を含めた皆が居心地よく暮らせ、しかもサスティナブルな社会に作り替えていこう、という目標です。

(誰一人取り残さない)という基本理念が掲げられています。

弊社は金属リサイクルを通して環境インフラへの貢献を目指しております。

» 業務案内のページのトップへ戻る

TOP